腹筋ベルトを使い効率よく腹筋を集中的に鍛える

男女

低負荷で鍛える

運動

筋肉トレーニングは健康に良いとされています。体を動かすということも健康に良いのですが、筋肉が付くというのは老後にもとてもメリットのあることといえるでしょう。人の体は筋肉によって支えられています。当然骨なども体を支える効果がありますが、重力や動く時に関しては筋力が大活躍しているのです。年を取ると筋肉量が低下し、自分の体重などを支えるのが厳しくなります。そうすると腰から上の上半身を支えることが辛くなり、徐々に前かがみになっていくと考えられるのです。また階段などの上り下りの際にも足の筋力などが必要となります。体重の重い人であれば、その体重を支えられるだけの筋力を必要とするといわれています。筋力を付けるには加圧トレーニングなどが有効的です。
年をとっても元気で動けるようにいられるために必要な筋力は、加圧トレーニングなどを行うことによって効率よく付けることができます。加圧トレーニングは、意図的に血流を制限した状態で行われるトレーニングとなっています。腕や足に加圧ベルトを巻きトレーニングすることによって狙った箇所の酸素を不足させることができるのです。そうすると脳が多くの成長ホルモンを分泌して筋力が付きやすくなります。これは一時的に脳に錯覚をさせることによって行われるトレーニング方法といえるでしょう。加圧トレーニングを行う際は、通常より少ない負荷をかけたトレーニングをします。低負荷で、なおかつ短時間で筋力を付けることができるので早く結果を出したい人にはおすすめです。